街コンはどんな人たちが参加してる?

街コンは数百人が同時に参加する一大イベントですが、興味がある方や参加を検討中の方もいらっしゃると思います。ただ、どんな人たちが参加しているのか分からず、少し不安になってしまうことも多いのではないでしょうか。職業はバラバラですが、年代は少し偏っているとも言えます。

参加者は20代~30代後半が多くなっている

まず街コンに参加している方たちの年代ですが、ほとんどは20代から30代の方ばかりです。20代は大学生などの学生さんも混ざっている一方、20代後半から30代の方は、会社勤めの方が多くなっています。一般的な合コンは学生がメインですが、社会人の方が多いことも特徴と言えるでしょう。

中には30代後半の方もいますが、20代・30代前半の方と比較して少数派と言っても過言ではありません。しかし、30代~40代前後の方を対象に実施しているケースもあり、必ずしも若い人たち向けのイベントとはいえないのが実情です。

特に現在は晩婚化が進んでおり、こうしたイベントも30代・40代前後を対象にして行われている場合があります。しかし、全体的に見ると20代から30代前半がメインと言っても良いでしょう。もし参加するなら、過去の開催実績から参加者の年代をチェックしてみるのもおすすめです。

参加者の職業はバラバラの傾向が見られる

では、街コンに参加している参加者の職業はどうでしょうか?こちらは年代とは異なり、バラツキがあるのが特徴です。例えば会社員の方も多く参加している一方、フリーターの方も少なくはありませんし、専門職や公務員、医師や弁護士など、様々な職業の方が参加しています。こうした点は合コンなども同様ですが、その分様々な人に出会える確率が高いと言えるでしょう。

ただし、特定の職業・分野の型を対象にした街コンも度々開催されています。あまり見かける機会はありませんが、こうした特定のイベントも機会があれば参加してみると良いでしょう。特に同じ趣味や考えを持つ人に出会える可能性が高いことがメリットです。ちょっとしたオフ会のような感覚で参加できる場合もありますので、もし見かけたら申し込んでみてはいかがでしょうか。